手紙

ふと思った
微かな希望をあきらめてしまうくらいなら
そっと紙の上にでも書いてしまえばいいのでは?

そんな小さなきっかけで
何かが変わるとは限らない

それでも
有限の時間は過ぎていってしまうものだから
可能な限りでも形として残したい

それが
誰の目に触れることがなくとも…