砕かれた願い

砕かれた願いの行く先は
漆黒の闇とは限らない

もしかしたら理に埋もれるだけかもしれない

もしかしたら輪廻の渦にのまれるだけかもしれない

行き着く先は誰にも知れることもなく
言の葉に埋もれ忘れ去られて
きっと消滅してしまう

気が付けは
先を見れは途方もなく長く
後ろを振り返れば光が見えて
足が前に進まない

それが”願い”なのかもしれないけれど
記憶を巡っても思い出すことはない

ただ覚えているのは”願い”が砕け散って
もう叶うことはないということ

それだけが記憶に残り
それが忘れられないこと