痛んだ心

nanaというアプリで公開させていただきました朗読台本です。

 

作風は至っていつも通り
想像しないとわからない世界観になりました。

痛くて痛くてどうしようもない心が
何度も何度も繰り返される痛みの並の中で
長い年月をかけて慣れてしまい
気が付いたらなんでこうなったのかわからなくなった
というお話です。