日が落ちるのは早くて

――時間帯

特に黄昏時の空の顔は
一瞬で変わっていくものだと
今日は実感することができました

散歩はじめは黄昏時といえど
まだまだ空はある程度の明るさをもち
この時期特有の雲に覆われながら
綺麗な色をしていました

――しかし

ほんの数分歩いたころには
はるか上空の雲――画面では左中央に赤色が差し始め
遠くの雲――画面中央の雲は輝きを見せていました

さらに数分経つ頃には赤身は増し
低空の雲か光を失い
いよいよ暗くなる……そんな気がしてくる

そして数分後の帰りがけにふと空を見上げると
一瞬の赤身はなくなり
――いよいよ夜が来る
そんな空の顔が見れました

この時期の日の入りはとっても早く
空の景色もかなり変わってくるので
毎日の散歩の中でも
まだまだ今までに見たことないような
とっても素敵に空に出会えるといいなぁ