日が沈んで…

日が沈んで
パット上を見たら
幻像的な世界が広がっていた。

色々調べてみたのですが
これだ!というものは無つけられず
「薄明」が一番近い呼び方なのかなーと思いました。

基本的には黄昏時や逢魔時とか
昔から呼ばれている名前もありますが
どこかのテレビだったとは思うのですが
地平線へ太陽が沈んでも
頭上のはるかかなたの雲には
まだ日が合立ている状態です。

また調べていたりふとしたきっかけで
この話ができればうれしいかなと思います。